Evernew Ti Alcohol Stove EBY254 with …

今日はこのブログの検索キーワードで一番人気の高いストーブと、各種マグのセットのスナップショットを掲載することにします。

すべて、火にかけられるミニマルクッカー。

そしてもちろん、チタニウムリッドつきです。

まずは、VARGOの450mlチタンマグから…

DSC01303そして、先日のmont-bellチタンマグ450ml。

DSC01301人気の高い、肉厚なチタンのスノーピークのシングルチタンマグ450。

DSC01306サイズが400mlと少し小さいものの、より軽量なMSRチタンカップ。

DSC01305さらに小さい、TERRANOVAの370ml。

DSC01304どうみても同じサイズだが、容量表記の違うEPI330mlチタンマグ。

DSC01302いずれもエバニューのチタニウムアルコールストーブEBY254にゴトクなしでのせて火にかけることができます。

上段のノズルはゴトクとなりすべて埋まりますが、下段がマグポットを炙ってくれるというわけです。

ちなみに、ベルモントのロッキーカップ互換品( 480ml / 600ml )もとてもバランスが良い感じです。

DSC01307次回はウコンストーブとの組み合わせをやってみようと思います。

お楽しみに!

 

広告

チタン焼けの風合い

どうも筆者です。

昨日の宝塚は、また寒さが戻ってきたみたいで冬っぽい感じでした。

もうこれが、最後の寒気でしょうか?

これから春の陽気がやってきますね。

いよいよ、ハイク&チタンマグの出番というわけです。

このブログでは、いつも新品にちかいモノの写真を掲載していましたが、今回は「使い込んだチタンマグ」ということでいきたいと思います。

かぶとやま工房」のプライベートストアに出しているものも当然新品なので、逆に目に新しいのではないかなと思います。

DSC01281モノはmont-bellのシングルチタンマグ(450ml)と、「かぶとやま工房」製のチタニウムリッド。

焚火の中に放り込んで使っていたのですが、だんだんと焼けムラがでてきました。

ムラを消すために、家にあるガスコンロでまんべんなくローストしたものがこれです。

焼き付け塗装された「mont-bell」のロゴも焼き切れて、うっすらと影がのこっています。

反対側は無地なので、こんな感じです。

DSC01276チタニウムのプロダクトは、虹色の「焼け」がたいへん美しいものですね。

新品もよいのですが、使い込んで味わいのでてくる道具が、持ち主にとって貴重なものとなります。

DSC01280ちなみにチタニウムリッドにも、あわせて焼きを入れています。

(燃えてしまいまいすので、木製ハンドルは外してから炎で炙ります)

DSC01278これはもう、ちょっとしたビンテージアイテムです。

みなさんも、お持ちのシングルチタンマグをどんどん使いこんでみてくださいね。

※くれぐれもダブルウォールは火にかけないでください。破損しますのでご注意を。

それではまた!