400FDチタンカップには、やっぱりこれ。

まだ起きている方々、こんばんは!

今回は、いつもとすこし趣向をかえてお送りしてみようと思います。 (^_^

というのも、いつもは道具(=ハード)ばかりで、実際の利用イメージがつかみにくいのでは?と以前からちょっと考えていたのです。

道具を使う対象(=ソフト)も、あわせて紹介していったほうがわかりやすいだろうな…と思い至りました。

というわけで、まずはやっぱりこれ。

①DSC01950エバニュー・400FDチタンカップをあけてみると…

②DSC01951

はい、カップヌードル・リフィル(詰め替え版)です。※写真はオリジナル(赤)

DSC01866

このリフィルは嗚呼、懐かしの「ナゾ肉」…(って、言ってわかります?)

ちょうどスッポリ入って、湯量もヒタヒタにするとよい塩梅です。こういうのも「シンデレラフィット」というのでしょうか。フタを使っていますので、湯戻しもバッチリです。

このチタンカップは直火にかけられるので、水を入れて沸騰したらリフィルを投入、これは楽ちんです。厳寒シーズンなんかはこれで救われました。高度が高いところだと夏でも早朝の冷え込みがありますから、朝食にもよい感じです。

で、スープを残しつつヌードルを食べ終わると…

③DSC01957そのあとにお茶碗一杯分のご飯を投入。

④DSC01961このご飯は「炊き残した冷やご飯」でも、「コンビニのおにぎりをバラしたもの」でも、「アルファ米を入れてさらに炊きなおしたもの」でも、なんでもこいでウマいのです。

リフィル麺1個で300~400kcalありますので、ごはん一杯分(約150g)で220kcal程度とあわせると、それなりにカロリー摂取ができることになります。山中歩き疲れて野営する際などには、手軽でとても助かります。

いかがでしょうか、写真ヘタですが、これで利用イメージは湧きましたか?

アウトドアのラーメンは妙にうまいので、それを伝えてみたかったのです。

 

日清食品さんのまわしものではないのですが、阪神大震災のときにはカップ麺でかなり救われましたので、とても好きなのです。

なので、お世話になった恩返しというか、ひととおり宣伝しておきます。※今回はおおっぴらにステマというやつですね。

リフィルラーメン(公式サイト) http://www.nissin.com/jp/products/series/refill/

⇒製品ラインナップや、それぞれのカロリー、アレルゲン情報があります。

ネット販売(Amazonの場合) ⇒ 「リフィル 日清」でAmazonを検索。

⇒これはあんまり安くありません。近所のスーパーなどもぜひチェックしてみてください。

日清食品の創業者「安藤百福」 ⇒ 「安藤百福」をwikipediaを検索。

都心か関西圏だと、それぞれミュージアムもあって楽しそうです。(これは、筆者自身はまだ行ったことがありません。ご存じの方は、よかったらご感想を教えてください。)

「インスタントラーメン発明記念館」 (大阪・池田駅)

「カップヌードルミュージアム」(横浜・みなとみらい駅/馬車道駅/桜木町駅)

 

今回はこれにて…それではまた!

 

広告

Evernewチタンカップ400FD用のリッド。

みなさま、ながらくおまたせしました。

メール・ウェブでのお問い合わせや、実際にお会いした方々でもご要望を多くいただきました、Evernew(エバニュー)の「チタンカップ400FD EBY265」用のリッドが完成しましたのでお知らせします。

その名も、 Evernew チタンカップ400FD用「かぶとやま工房」特製リッド です。

400FDは、横長の低重心かつ超軽量(実測50g)なチタニウム製のカップです。ガスストーブやアルコールストーブで直火に加熱できる、マイクロコッヘルにできるという点が人気の秘密でしょう。

残念なことに、今までなぜかこれに合うフタがない、という状況でした。いろいろな方々からご要望をいただきましたので、金型から設計して製作してみたのです。

DSC01492今回製作したリッドはアルミニウム製です。チタニウム製とすると、材料費だけで本体価格を超えてしまうため、コストパフォーマンスと強度のバランスを取って材料をセレクトしました。強度を上げるため、板厚は0.5mmとしています。

リッドの重量は13g。大きめの口径にしては、意外にも軽量に作ることができました。マグ本体の50gと合計してみても、わずか63gのマイクロコッヘルとなります。

同じエバニューのチタニウムストーブEBY254、それにチタン十字ゴトクEBY253とあわせてみるとこのようなスタイル。これはとてもかっこ良いです。

DSC01500このようなセットで、コーヒー・紅茶はもちろんのこと、コーンスープやポタージュ、ハッシュドビーフやカレーを温めることもできます。

また、湯沸ししてアルファ米を戻し暖かいご飯を食べるもよし、このサイズだとリフィルのラーメンをそのまま調理できますから、まずラーメンを食べて残ったスープで雑炊をやっても大満足です。

ちなみに、このリッドはスノーピーク「チタントレック700(700mlマグ)」のフタにもなります。

DSC01495チタントレック700についてくる純正のリッドは、実測33g。ウルトラライト志向なひとにとっては、ちょっとこれは重たいですよね…(^_^;

あと、形状がちょっとユニークなので、「取っ手のついたふつうのフタがえーねん!」という方にもリプレイス用におススメです。

 

あと、ちょっとマイナーなのですがベルモントからも同口径の「チタンシングルマグ700」という700mlマグが販売されています。これにも適合します。

DSC01494スノピの「チタントレック700」にもベルモントの「チタンシングルマグ700」にも、フタをしめた状態で110gのガスカートリッジが収まります。ガス派のウルトラライトハイカーにもオススメです。

 

動画を「かぶとやま工房」のプライベートストアのページにアップしてありますので、詳しくご覧になりたい方はそちらもチェックしてみてください。

 

ご要望いただいた方の中には、半年前からお待ちいただいていて本当にお待たせしました。

より自然に近いかたちでアウトドアライフを楽しめますように、精一杯プロダクトを考えてまいりますので、これからもよろしくお願いいたします。(^_^

DSC01482

 

“Ukon Stove” with…

先日はEvernew Ti Alcohol Stove EBY254 と各種チタンマグとの組み合わせを掲載してみました。

その続編ということで、今回は超軽量なウコンストーブとの組み合わせ例をやってみたいと思います。

※ちょっとTriPod Powerの記事が続いたので、内容のバランスもとれる気がします。 (^_^

 

まずは、定番のスノーピークシングルチタンマグ450(略してSP450、450ml)から。

DSC01297ストーブ自体の重量は4g程度なので、実測68gのマグとあわせてもかなり軽量です。

続いては、VARGOのチタニウム・トラベルマグ(450ml)。

DSC01298マットな仕上げがとても良いです。重量も65gと軽く、ハンドル下部の炎よけの加工が嬉しいですね。

3つめはMSRのチタンカップ(400ml)。

DSC01295重量は実測で56g、ウコンストーブ4gとあわせて60gです。炎よけ加工のかわりに、高い位置にハンドルが据え付けられているところが特徴です。マグ本体の価格の高さを抜きにすれば、非常に優れた組み合わせといえるでしょう。

ここからさらにサイズが小さくなります。EPIgasのシングルチタンマグ(330ml)。

DSC01299さきほどのMSRマグと同じく56gで、容量表記が小さくなっています。

このマグは、純正のチタニウムリッド(フタ)が発売されているところが気が利いています。

ただし、純正のフタは全部がチタンなので、フタの取っ手が熱くなってしまいます。

このため、加熱中は木の枝やお箸、ペグを使って持ち上げるようにします。

※かぶとやま工房のチタニウムリッドを手に入れる、という方法もあります。(^_^ b

最後に、TERRA NOVAのチタンマグ(370ml)です。

DSC01296重量は先ほどのEPIgasマグと同じく56gです。ただ、容量の表記がこちらは370mlとなっています。

筆者には同じ寸法に見えるのですが、なぜか10%強も容量表記が違うのです。

不思議ですね…。

 

というわけで、ウコンストーブにSP450と同口径のマグをあわせてみました。このクラスにはいろいろと選択肢があって、とても楽しいですね。

今回掲載していませんが、Belmontからもレアながら同口径の450mlチタニウムマグが発売されています。こちらも軽くておすすめです。

 

この湯沸しセットで作れるドライフードもいろいろとあるので記事にしてみたくなりました。

今回はここまで、良い週末をお過ごしください!

 

Evernew Ti Alcohol Stove EBY254 with …

今日はこのブログの検索キーワードで一番人気の高いストーブと、各種マグのセットのスナップショットを掲載することにします。

すべて、火にかけられるミニマルクッカー。

そしてもちろん、チタニウムリッドつきです。

まずは、VARGOの450mlチタンマグから…

DSC01303そして、先日のmont-bellチタンマグ450ml。

DSC01301人気の高い、肉厚なチタンのスノーピークのシングルチタンマグ450。

DSC01306サイズが400mlと少し小さいものの、より軽量なMSRチタンカップ。

DSC01305さらに小さい、TERRANOVAの370ml。

DSC01304どうみても同じサイズだが、容量表記の違うEPI330mlチタンマグ。

DSC01302いずれもエバニューのチタニウムアルコールストーブEBY254にゴトクなしでのせて火にかけることができます。

上段のノズルはゴトクとなりすべて埋まりますが、下段がマグポットを炙ってくれるというわけです。

ちなみに、ベルモントのロッキーカップ互換品( 480ml / 600ml )もとてもバランスが良い感じです。

DSC01307次回はウコンストーブとの組み合わせをやってみようと思います。

お楽しみに!

 

VARGOへキサゴンウッドストーブ用のミニマルクッカー。

そろそろ寒の戻りも済んだようで、アウトドアクッキング日和となってきましたね。

今回は、折り畳みができてたいへん便利な「VARGO ヘキサゴンウッドストーブ」と、マグポットなどのミニマルクッカーをいろいろとあわせてみました。

TriPod Powerなどが最軽量なのですが、自然の枯れ木や松ぼっくりを現地調達して燃料にする、こういった軽量化もありだと思っています。

このウッドストーブは、VARGOプロダクトの中でもとくに特徴的というか、チタンの強靭さと軽さ、そして薪の使える自然との親和性がファンにはたまらない一品ですよね。

DSC01254

まずは、Belmont(ベルモント)の深型シェラカップ480mlから。

これはほとんど往年のロッキーカップ1パイント版と同じですが、素材がチタンでハンドルもフォールディング仕様となっています。

注:チタンペグを刺したままにしていますが、径が十分ありますのでじつはこれは不要です。

ちょうど良い大きさで、ひとり鍋、炊飯、ラーメンなど、いろいろと使い勝手のよい構成です。

DSC01258

つぎに同じくBelmontの600mlタイプの深型シェラカップ。こちらも人気があります。

DSC01259少したくさん食べるひとはこちらのほうがよいかもしれません。また、二人分のお湯を一気に沸かすこともできますので、ウルトラライトなペアトレッキングをされる向きにも適しています。

火力調整蓋により、とろ火調理のできるトランギアTR-B25や、より軽量化されたエバニューチタニウムストーブEBY254などのアルコールストーブを内部に仕込んで風防兼ゴトクとしても威力を発揮します。

続いては、スノーピークシングルチタンマグ300(SP300)。このマグは、ストーブの内径よりも小さいため、チタンペグを通しておいて、そのうえに置くようにします。

DSC01252このマグはじつに、ぴったりとはまります。また、ストーブをたたんでしまえばかなりコンパクトに収納できます。お湯沸し専門、といったところでしょうか。お湯の用途としてはカップラーメン、アルファ米、粉末スープ、コーヒー&紅茶あたりが適当でしょう。

念のため、エスビットのスタンダード(ちいさいほうのヘキサミンタブレット)を着火剤としてパウチに持っておいて、枯れ枝などをメインの燃料として使えばかなりコンパクトな装備となります。

同じような使い方のできるマグとしてはMUJIのアルミマグ(小)があります。こちらもぴったり。

DSC01256

ちなみにMUJIのアルミマグは(大)もあります。こちらはこのブログの「マグをポットに」のページでもおなじみですよね。

DSC01255こちらのマグポットセットは、量産体制に持っていきたかったのです。が、販売元の良品計画さんに継続販売の計画がないことを知り、あえなくリッド生産を断念しました。

というわけで、このマグポットセットのオーナーは、筆者以外にはおひとりしかいません。

一合炊きのマグ炊飯に適した構成だったのですが、本当に残念です。

もしもこのマグに合うリッド(フタ)だけを作ってほしいひとがいらっしゃったら、ブログのコメント欄かショップのお問い合わせフォームでお知らせください。(希望があれば1000円+税+送料210円くらいでつくります。)

ちなみに、このヘキサゴンウッドストーブが苦手とするマグが存在します。

たとえば、450mlタイプのこれ。

DSC01257残念なことにスノーピークシングルチタンマグ450(450ml)は座りが悪いですね。また、同口径のBelmont450ml、mont-bell450ml、VARGO450ml、TERRANOVA370ml、EPIgas300ml、MSRチタンカップ400mlなども同じくうまくのりません。ここは、注意が必要となります。

あと、ふつうサイズのシェラカップも苦手ですね…このような感じにずれてしまいます。

DSC01260各種450mlマグやシェラカップを使いたい場合は、おとなしくトランギアやエバニューのアルコールストーブを使ったほうがよいでしょう。また、エスビットのポケットストーブなんかも台形にして使えばうまくのります。

いかがでしたでしょうか?

みなさんも自分に最適なウルトラライトクックセットを見つけてみてくださいね。

 それではまた!

エバニュー チタンカップ 400FD のフタについて。

毎度どうも、みなさんは「リッドライフ」楽しんでますか?

今回は、以前から気になっていた、エバニューのチタンカップ400FDのリッド(フタのこと)について、です。このブログの検索キーワードでも、「400FD」が人気だったんですよ。

この素晴らしく軽くて、丈夫なチタンカップ、なぜか残念なことにフタが発売されていません。

火にかけるとき、みなさんどうしてますか? アルミホイルなどをかぶせて、いろいろと工夫をされているんじゃないかと思います。でも、やっぱりこれに合うフタがほしい!となりますよね。

■エバニュー_チタンカップ400FDかの有名なA&Fのトレールマグが廃版となり、ほかのメーカーを見渡してみると、スノーピークのソロセット「焚」や「極」についているカップが、かろうじて選択肢としてあるくらいです。

で、それらのフタがあるかといえば、ぴったりと合うものはまだないようです。(ソロセット付属のフタも、長寸のポット用にぴったり合いますが、外側のカップ用ではないんですよね。)

タテ寸よりもヨコ寸の長いカップというのは、火のまわりもよく、安定感もあって「マイクロ鍋」として使いやすいのです。しかし、今のところあまり世の中でよい扱いを受けている、とは言い難いようです。

ということで前置きが長くなりましたが、手始めに今回はこのチタンカップ400FDのリッドを作ってみようじゃないか、とプロトタイピングしてみたわけです。

手持ちの金型に、0.5mmのアルミ板からラウンドタイプのワークをとって、浅絞りプレスしてみました。フランジは、気持ち大きめにしています。

金型からはみ出した部分の絞りジワがひどくて、浅絞りのあと圧延(あつえん)が一苦労…

DSC00575ようやく出来上がったのが、これです。その重量はちょっと重めの12g。

実測48gのチタンカップとあわせて、60gとなります。

400mlクラスとしては、かなり軽くて使い勝手のよいポットセットになりました。

さらに材質をチタンにかえて薄く作ればよいのですが、コスト面が…ちょっと問題です。

チタンだと、材料費だけでカップの本体価格までいっちゃいそうです。もともと、このチタニウム製のカップが1500円くらいで手に入ることは、たいへん素晴らしいことです。しかし、そのフタがそれ以上の値段だと、ウルトラライトを極めようとするひと以外は、買えなくなってしまいます。

DSC00576ちょっと…悩みました。

でも、まずはお試し版としてアルミニウム製でいくつか出してみようと思っています。

あまり深く考えず、ご要望をいただけば、その時にチタニウム版をつくればいいや、と考えました。あとは市場に身を任せてみようと思います。

.

ちなみにほかのタテ寸の長いマグポットにくらべて、アルミとチタンのツートン構成が、なぜかあまりちぐはぐ感がないように見えます。←もはやアルミ板でいいか、と思うがゆえのポジション思考になってしまっているかもしれません…。

ウルトラライトハイカーをはじめとする、いろんな方々のご意見をいただいて、みなさんが良いと思うようなものをつくりあげていこうと思います。

@brackworm宛てにつぶやいていただいたら、嬉しいです。どしどしなんでもいってくださいねー。(あっ、ぜんぶは実現できないかもしれませんが、まじめに考えますので…)

それではまた!

※2014/4/29追記

結局アルミニウム版で製作し、プロダクトリリースしました。記事はこちら