製作完了、入荷のお知らせ。

どうも筆者です。 とりいそぎ、各種リッドの製作完了とプライベートストアへの入荷をお知らせします。

いろいろとアップしたいブログの記事や新しい商品、セット品もあるのですが、注文品の対応に追われており、どうも進みが悪くて申し訳ありません…

お待たせいただいている方々には本当に本当にお待たせしてしまいました。

来年はさらに精進していきますので、どうかよろしくお願いいたします。

(^_^

※写真は近々試験販売を検討しているMUJIアルミマグ(大、540ml)用のアルミニウムリッドです。 DSC02368

在庫追加と新商品のお知らせ。

どうも、筆者@糖質制限ダイエット中です。

カラダもやっぱりウルトラライト仕様にしないと、ですね…。

ところで本日、プライベートストアへ在庫をアップしました。

お問い合わせいただきました方には、ながらくお待たせいたしました!

あと、新しい商品をストアへひとつアップしましたのでお知らせします。

といっても、かぶとやま工房のオリジナルではありません。

お世話になっている、あのアトリエ雪月花さんのプロダクト「TriPod Power H70」です。

※写真は、左から「TriPod Air」「TriPod Power H36」「TriPod Power H70」となります。

DSC02406薀蓄は、ストアサイトに書き込みしてますので、よろしければそちらもご覧ください。

それではまた!

ストア在庫追加のお知らせ(少しだけ)

どうも筆者@深夜特急です。

ながらく欠品状態でしたが、プライベートストア「かぶとやま工房」のリッド在庫をすこしだけ追加しました。

・エバニュー チタンカップ400FD用アルミニウムリッド 少量

・スノーピーク シングルチタンマグ450用チタニウムリッド 少量

本当は昨日からストアに追加していたのですが…事前連絡いただいた方だけに先にご案内したところ、一気に品薄となってしまいました。

さきほどあわててストアの在庫数を増やしたところです。

ほかのサイズのリッドについても、製作のでき次第またこのブログでご案内します。

今しばらくお待ちください…

DSC01962

「かぶとやま工房 ウルトラライト豪華キット」 最後のひとつとなりました。

どうも筆者です。

この時が、とうとうきてしまいまいました。

プライベートストア「かぶとやま工房」の「ウルトラライト豪華キット」ですが、ついに在庫が最後のひとつとなってしまいました。(リリース当時の記事はこちら。)

理由は、キットに含まれるスノーピーク社純正のメッシュバッグの在庫がなくなったため…。

スノーピークのこれからの仕入分については、前にこのブログでもお知らせしたように、メッシュバッグが付属しなくなるように変更されています。(これはちょっと残念、ですよね…)

※メーカーからバッグだけパーツ購入することもできますが、500円程度かかるようです。

このままキットを組むと、その分価格アップとなってしまいます。パーツ在庫を安定的に供給できるかも疑問がありますので、筆者はこの構成を打ち止めにするつもりです。

いままで多数の方にお申込みいただきまして、本当にありがとうございました!

おそらくこれが最後の機会となります。もしもほしい方がいらっしゃったら、お早目にどうぞ

⇒完売しました。みなさまどうもありがとうございました!

ウルトラライト豪華キット

 

400FDチタンカップには、やっぱりこれ。

まだ起きている方々、こんばんは!

今回は、いつもとすこし趣向をかえてお送りしてみようと思います。 (^_^

というのも、いつもは道具(=ハード)ばかりで、実際の利用イメージがつかみにくいのでは?と以前からちょっと考えていたのです。

道具を使う対象(=ソフト)も、あわせて紹介していったほうがわかりやすいだろうな…と思い至りました。

というわけで、まずはやっぱりこれ。

①DSC01950エバニュー・400FDチタンカップをあけてみると…

②DSC01951

はい、カップヌードル・リフィル(詰め替え版)です。※写真はオリジナル(赤)

DSC01866

このリフィルは嗚呼、懐かしの「ナゾ肉」…(って、言ってわかります?)

ちょうどスッポリ入って、湯量もヒタヒタにするとよい塩梅です。こういうのも「シンデレラフィット」というのでしょうか。フタを使っていますので、湯戻しもバッチリです。

このチタンカップは直火にかけられるので、水を入れて沸騰したらリフィルを投入、これは楽ちんです。厳寒シーズンなんかはこれで救われました。高度が高いところだと夏でも早朝の冷え込みがありますから、朝食にもよい感じです。

で、スープを残しつつヌードルを食べ終わると…

③DSC01957そのあとにお茶碗一杯分のご飯を投入。

④DSC01961このご飯は「炊き残した冷やご飯」でも、「コンビニのおにぎりをバラしたもの」でも、「アルファ米を入れてさらに炊きなおしたもの」でも、なんでもこいでウマいのです。

リフィル麺1個で300~400kcalありますので、ごはん一杯分(約150g)で220kcal程度とあわせると、それなりにカロリー摂取ができることになります。山中歩き疲れて野営する際などには、手軽でとても助かります。

いかがでしょうか、写真ヘタですが、これで利用イメージは湧きましたか?

アウトドアのラーメンは妙にうまいので、それを伝えてみたかったのです。

 

日清食品さんのまわしものではないのですが、阪神大震災のときにはカップ麺でかなり救われましたので、とても好きなのです。

なので、お世話になった恩返しというか、ひととおり宣伝しておきます。※今回はおおっぴらにステマというやつですね。

リフィルラーメン(公式サイト) http://www.nissin.com/jp/products/series/refill/

⇒製品ラインナップや、それぞれのカロリー、アレルゲン情報があります。

ネット販売(Amazonの場合) ⇒ 「リフィル 日清」でAmazonを検索。

⇒これはあんまり安くありません。近所のスーパーなどもぜひチェックしてみてください。

日清食品の創業者「安藤百福」 ⇒ 「安藤百福」をwikipediaを検索。

都心か関西圏だと、それぞれミュージアムもあって楽しそうです。(これは、筆者自身はまだ行ったことがありません。ご存じの方は、よかったらご感想を教えてください。)

「インスタントラーメン発明記念館」 (大阪・池田駅)

「カップヌードルミュージアム」(横浜・みなとみらい駅/馬車道駅/桜木町駅)

 

今回はこれにて…それではまた!

 

VARGOの「Ti-Arc」が!!

あの、VARGOのエクスターナルフレームパック「Ti-Arc」を、見たことありますか!?

背負ったことありますか?IMG_0921

じつは筆者は先日、白馬堂さんのところで初めて実物にお目にかかりました。

※突然のことできちんとしたカメラがなく、写真が粗くてすみません。

骨格がチタニウムで作られたアウターフレームものとは思えない軽さ(重量1.28kg)、ヘビーデューティな外観。

チタニウム好きでなくても、このプロダクトには感激すること間違いなしです。

実際に持ってみると、とても軽い!見た目とのギャップが凄い。

IMG_0915容量は36リットル、しかしフレーム下部にはオプションスペースが用意されていますので、シュラフやサーマレストのマットなどを取り付けることも可能。

フレームになんでもいろいろとりつけられる、それがアウターフレームのいいところ。

なおVARGOのブログに書いてありますが、このナイロン版以外にもキューベンファイバー版(Ti-Arc CF)も検討されているようです。

※両方とも並べた写真がありました。

当時のブログ記事には、

Our first attempt at the Ti-Arc yielded about a 3.5 lbs. 36 L backpack (the Ti-Arc CF with cuben fiber weighed a little over 2.5 lbs.).

とありましたので、まださらに1ポンド(約454g)くらい軽量になるようです。ちなみに現在のナイロン版で4万円弱。CF(キューベン)版はいったいいくらになるのでしょうか…(^_^;

バックパックはけっこう良いお値段しますよね。こういったものは、実際に見ずには買えません。大手の山道具屋さんでも、関西でおいているところはほとんどないようですので、気になっている方は白馬堂へGo!です。

目当てのパックは、お店の一番奥座にかかっています。ぜひ、見てみてください。

IMG_0919VARGOに関しては、なんだかマワシモノみたいになってますが、良いんです。

いちばん好きなブランドですから。※取扱い記事も多いです。(^_^

でも良いモノでもAppleみたいにあんまりみんなが持ってしまうと、希少性がさがってありがたみが薄れてしまいます。

このブログにお越しになる方の範囲くらいで、流行ってくれると嬉しいプロダクトのひとつです。

よ~し、これからみんなでお金を貯めて買っちゃいましょう!

.

Evernewチタンカップ400FD用のリッド。

みなさま、ながらくおまたせしました。

メール・ウェブでのお問い合わせや、実際にお会いした方々でもご要望を多くいただきました、Evernew(エバニュー)の「チタンカップ400FD EBY265」用のリッドが完成しましたのでお知らせします。

その名も、 Evernew チタンカップ400FD用「かぶとやま工房」特製リッド です。

400FDは、横長の低重心かつ超軽量(実測50g)なチタニウム製のカップです。ガスストーブやアルコールストーブで直火に加熱できる、マイクロコッヘルにできるという点が人気の秘密でしょう。

残念なことに、今までなぜかこれに合うフタがない、という状況でした。いろいろな方々からご要望をいただきましたので、金型から設計して製作してみたのです。

DSC01492今回製作したリッドはアルミニウム製です。チタニウム製とすると、材料費だけで本体価格を超えてしまうため、コストパフォーマンスと強度のバランスを取って材料をセレクトしました。強度を上げるため、板厚は0.5mmとしています。

リッドの重量は13g。大きめの口径にしては、意外にも軽量に作ることができました。マグ本体の50gと合計してみても、わずか63gのマイクロコッヘルとなります。

同じエバニューのチタニウムストーブEBY254、それにチタン十字ゴトクEBY253とあわせてみるとこのようなスタイル。これはとてもかっこ良いです。

DSC01500このようなセットで、コーヒー・紅茶はもちろんのこと、コーンスープやポタージュ、ハッシュドビーフやカレーを温めることもできます。

また、湯沸ししてアルファ米を戻し暖かいご飯を食べるもよし、このサイズだとリフィルのラーメンをそのまま調理できますから、まずラーメンを食べて残ったスープで雑炊をやっても大満足です。

ちなみに、このリッドはスノーピーク「チタントレック700(700mlマグ)」のフタにもなります。

DSC01495チタントレック700についてくる純正のリッドは、実測33g。ウルトラライト志向なひとにとっては、ちょっとこれは重たいですよね…(^_^;

あと、形状がちょっとユニークなので、「取っ手のついたふつうのフタがえーねん!」という方にもリプレイス用におススメです。

 

あと、ちょっとマイナーなのですがベルモントからも同口径の「チタンシングルマグ700」という700mlマグが販売されています。これにも適合します。

DSC01494スノピの「チタントレック700」にもベルモントの「チタンシングルマグ700」にも、フタをしめた状態で110gのガスカートリッジが収まります。ガス派のウルトラライトハイカーにもオススメです。

 

動画を「かぶとやま工房」のプライベートストアのページにアップしてありますので、詳しくご覧になりたい方はそちらもチェックしてみてください。

 

ご要望いただいた方の中には、半年前からお待ちいただいていて本当にお待たせしました。

より自然に近いかたちでアウトドアライフを楽しめますように、精一杯プロダクトを考えてまいりますので、これからもよろしくお願いいたします。(^_^

DSC01482