フューエルボトル

先日、芦屋のスカイハイマウンテンワークスさんのお店に伺った際、VARGOのフューエルボトル(240ml)を買い求めました。これは、アルコール燃料を入れておくために使うものです。

やはり、VARGOは好きなので、どうしてもこのブログでの登場率が高くなります…。

20140105 287その重量は30g。世の中ではトランギアなどから、ロック機能のついた赤いプラスチックのフューエルボトルなどが販売されていますが、これはもっとシンプルなもの。

ボトルトップのフォーセット(蛇口部分)を立てて、ボトルを絞り込むとアルコールを注ぐことができます。

ここで、すこし注意の必要なところがあります。ハイキング中ザックのなかでこの蛇口部分が勝手に立ち上がり、せっかくのアルコール燃料が漏れてしまう、といったことがあるようです。別の容器や袋にいれたりする工夫が必要なのかもしれません…

ちなみに、これはたしかVARGOのものではないのですが、容量の少ない別のボトルも一緒に販売されています。容量は3オンス(液量OZ.)なので90ml弱といったところ。

20140105 286こちらのほうが、マグの中に入れて一緒に携行したりするのには向いていると思います。中に入れてしまえば漏れるリスクも少なくなります。

容量が少しだけなので、デイハイクなどであまり回数を使わないか、または緊急用の予備として持っておくような使い方になると思います。(以前にこちらもスカイハイさんで購入済。)

トレイルランニングをやらないひとでも、ハイク道具を軽くしたいならば、ぜひ一度スカイハイマウンテンワークスさんのお店にに行ってみることをお勧めします。山を走るひとの考え方や装備は、ハイカーにとってもいろいろと勉強になります。

DSC00964手持ちのフューエルボトルを並べてみました。

左から約30mlボトル(11g)、約90mlボトル(16g)、そしてVARGOの270mlボトル(30g)です。

ちなみに、筆者も一応はトランギアの赤いボトル(500ml)も所有しています。が、これがわりと重たいのです。それによくよく考えてみると、薬局などで購入する際にアルコールの入っているポリボトル(500ml)も頑丈なので、なんだかそのままでもよいような気がしてきます。

もちろんトランギアのほうがロック機能がついていて安全、しかもアルコールを注ぐ機構がうまくできている、という長所もあるのですが…絶対に必要かどうかといわれると、ちょっと悩むところです。

メインボトルと日々使うミニボトルをわけて携行するなどの考え方もありますので、色々なサイズのボトルをみて研究してみてくださいね。

プライベートストアについて

DSC00908

先日から準備を進めていましたプライベートストアですが、2014年の1月17日(金)から、オープンさせていただきます。

ちなみにあんまり在庫を作っていません。反応を見ながら、少しずつ在庫やラインナップを増やしていこうと思っています。

ブログもストアも、あんまり商売っ気を入れずにユルくやっていきたいと思います。収益があがったら、サイトの取材やコンテンツで還元して、より面白いものを取り扱えるようにがんばります。

みなさま今後とも、よろしくお願いいたします。

追伸:

小物系をいくつか仕入れましたので、また近日レポートさせていただきます。

VARGOの「ti arc」

もうそれほど新しいニュースではないのですが、Vargoからエクスターナルなバックパックがリリースされています。

http://www.vargooutdoors.com/blog/tag/ti-arc/

キューベンファイバー版もあるようです。

もうこれは日本国内で購入できるんでしょうか…。

.
今更なエクスターナルフレームに、ちょっと興味が沸いています。

Various Pot sets.

The animation of the various pot sets photoed recently is raised.
If it is such English, do I let you everybody also understand?

■MSR Titan Cup & LId. (Ultralight Set)

■MUJI BIG MUG CUP & LID.

■600ml rocky cup compatible & lid.

■600ml rocky cup compatible & lid. (titanium version)

■480ml rocky cup compatible & lid.

■480ml rocky cup compatible & lid. (titanium version.)

あけましておめでとうございます。

2014年も、よろしくお願いします。

今年は新しいプロダクトの製作、プライベートストアの立ち上げなどいろいろと具体的に展開していこうと思います。気長に見守っていただけると嬉しいです。

今回は手始めにブログの各ページについて追記・修正を行いました。読者の方からの検索キーワードなどを参考にして、人気のある記事を中心に、内容の充実をはかってみました。

軽量なストーブたち」・・・燃焼中の写真や、ストーブの着火動画を追加しました。

マグをポットに」   ・・・MSRチタンカップを追加しました。

リッド・フタについて」・・・MSRチタンカップ用リッドを追加しました。

動画に関していえば、案外と各ストーブの燃焼の違いを表したものが少ないように思いましたので、筆者のほうでもひとつこさえてみました。

いかがでしたでしょうか…。

アルコールストーブの着火方法やファイヤースチールがうまく使えない旨で検索してこのブログサイトにこられる方も多いようです。

炎を扱いますので、はじめて使うときはたしかに不安になりますよね…まだ慣れない頃、じつは筆者もそうでした。

どんな感じで使用しているか見ていただいて、少しでも着火や消火の操作のご参考になればと思います。(人それぞれの流儀があり、これが正攻法というものではないのかもしれませんが…)

そんなわけで、今年もよろしくお願いしますね!