店頭レアなマグについて。

今回は、店頭であまり目にすることのないマグについてのお話です。

このあいだ、六甲の白馬堂さんに無理をいって、ウルトラライトなマグポットセットとして使えそうなマグを店頭においていただけることになったのです。それは、二種類あります。

ひとつは、テラノヴァの370mlチタンマグ。価格は3570円。スノーピークシングルチタンマグ450ml(SP450)と同口径のミニマグです。

タテヨコの寸法が同じくらいの設計で安定しています。またタテ長のマグに比べて底部が広いため、アルコールストーブなどで火にかけた際の熱吸収効率も良好です。

エスビットのチタンウィングストーブにも、ギリギリのっかります。

ウルトラライト志向の方に人気ですね。

DSC01006もうひとつは、先日ご紹介したbelmontの450mlシングルチタンマグ。たしかこれは2100円。

このマグはスノーピークよりも3グラム程度、軽くなっています。

DSC01005どちらも、大きな山道具のお店にいってもあまり店頭にはおいてない(首都圏をのぞけば特に)と思います。

実物を見ないでネットで注文するというのは、なかなか心理的なハードルが高いものですよね。

阪神間の方は、六甲の白馬堂さんに行けば実物を手にして確かめられます。もちろん、マグを購入することもできます。行けるひとは送料もかかりませんし、山行の帰りに立ち寄って見られることをお勧めします。

白馬堂さんの場所がよく分からない方は、このブログのリンク。のページにお店の情報をのせてありますので、参考にしてください。

 

筆者はもともと、「山と高原地図」がご縁で、白馬堂さんのファンでした。最近はいろいろと無理やお願いを聞いていただきましたので、今度はいろいろと白馬堂さんのお手伝いをしようと思っています。

あ、でもここでご紹介する山道具は、筆者の独断と偏見のフィルターが入りますので、その点ご容赦ください…。(結局は興味のあるものだけ、紹介しそうな気がします)

 

あなただけの、ウルトラライトなミニマルポットセットに巡り合えますように。

 

店頭レアなマグについて。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: “Ukon Stove” with… | マグのフタを考えてみる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中