ウィンドスクリーンについて。

先日お邪魔したスカイハイマウンテンワークスさんのお店で、軽量なウィンドスクリーンがありましたので、紹介しておきます。

Trail Designの「Vari-Vent」ウィンドスクリーン、重量は35グラム、価格は1155円とリーズナブル。

20140105 289開封すると、こんな感じです。ヘアピンつきですね。

DSC00974広げてみたところ。必要なサイズの円形を作り、端をヘアピンでとめて使用します。

DSC00979マグポットには結構大きくて、切り分ければ2つ分くらいになるんじゃないかと思うほど。

軽量化のためにも、ウルトラライト志向のひとはカットして使ったほうがよいでしょう。

スクリーンの下部にはベンチレーション用の穴が開いています。

アルミなので、空気口の明け具合の調節も簡単です。

収納時も、再びアルミを巻いてヘアピンでとめればOK。

 

リッドでマグ上部の熱を逃がさず、ウィンドスクリーンで囲って炎の熱効率を上げる。

少ない燃料で素早く湯沸しするためには、重要なアイテムです。

手持ちの燃料を長持ちさせる ⇒ 燃料をあまり持たなくてよい ⇒ 軽量化 となりますね。

軽いウィンドスクリーンをまだ持っていない方は、一度「Vari-Vent」を見てみてくださいね。

これはよいものですよ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中