Snowpeak シングルチタンマグ600用の、チタニウムリッド(改良版)が完成しました。

今日、スノーピーク「シングルチタンマグ600」用リッド(改良版)が完成しました。DSC00490

じつは前回の製作したタイプは、いつも作っているものから少しアレンジをしてみたくなり、今までやらなかったテーパーを取り入れて製作してみたのです。

しかし、できたものをみてみると、勘合(かんごう:かみあわせのこと)が甘めになってしまったこと、また硬派なチタングッズのイメージから離れてしまったような気がして、あまり気に入りませんでした。

それで結局、SP300やSP450と同じつくりのデザインに戻すことにしました。

重量は、前作から1g増えて9gとなりました。 まあ、これでも充分に軽いほうでしょう。

DSC00506これで、スノーピークのシングルチタンマグ300、450、600にあわせたそれぞれのリッドができました。SP220もご要望があればまたやってみたいですね。

いずれも、固形燃料やアルコールストーブなどで直火にかけて使用できるものばかりです。

.

筆者としては、大きさによる用途を、以下のように考えています。

・シングルチタンマグ300(SP300)

⇒ デイハイク、災害用に常時携行。ストイックなウルトラライトハイカーもありかも。

・シングルチタンマグ450(SP450)

⇒ 本命です。一週間程度のトレイルまで対応します。慣れると一番使いやすいと思います。

・シングルチタンマグ600(SP600)

⇒ 入門者、少し多めに欲しいひと、2人分の湯沸しをしたいひとはこれ。本格的な長期のロングトレイルでは、デハイドレイテッドフード(乾燥食糧)ばかり、というわけにはいかないこともあります。少しは調理っぽいことのできるこのサイズを選んでおく、というのもよい考えだと思います。

ちなみにもう少ししたら、山好き、トレイル好きのひと向けにチタニウムリッドをネットで販売してみようと思っています。実店舗での販売についても、いま街の山道具屋さんにもご相談しているところです。

とはいっても、個人で製作しているので、あまり大量には作れません。筆者以外にもこういったものをほしいという、ウルトラライト系の奇特(失礼)な方が世の中にけっこういらっしゃるようなので、ちょっとテスト販売的にやってみようと思います。

いま世にある、3000円超の製品には手の出ない方もたくさんいらっしゃると思います…。

みなさんだったら、いくらぐらいで買ってみようと思いますか?

また準備ができましたらこのサイトでお知らせしますね。

今日のところは新しいリッド完成のご報告まで、それではまた!

DSC00498

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中